Cubase 9.5 – 手動でユーザーUIカスタムカラー設定バグの暫定回避方法

投稿者: | 2017年11月19日


スポンサーリンク


DAWはプログラムを書く時のテキストエディタと同じぐらい重要視する項目だと思っている あーる(@rz_devel) です。
Cubase 9.5 がリリースされましたね。早速Pro9からアップデートを行いました。

カラー設定が次回起動時に反映されない

バージョンは 9.5.0 (初期バージョン)です。

多分バグですね。フォーラムにも報告しました。
steinberg

今回は、暫定ですが応急処置方法を提示します。
※免責
・メモ帳(Windows)、テキストエディット(Mac)以外のテキストエディタでXMLの編集が出来ることを前提にしています。
・この問題自体、自分の環境のみかもしれません。またこれによる動作保証はしません。

カラー設定の仕様変わった

変わりましたねー。色指定もRGBではなくHSB値で指定が必要です。

9.0 のスクリーンショットを取ってカラーピッカーで地道に色を拾う

ググったら最適なカラーピッカーツールを見つけましたのでご紹介します。(Win/Mac両対応です)

jcp

HSBの数値を見ながら設定してきます。
ホットキーを使用して履歴を残しておくことが出来ますので、その方法がオススメです。

そして環境設定を保存&プリセット書き出し。

Cubaseを再起動したらカラー設定が反映されていない

色々調べましたが、バグっぽいので力技ですが対処療法を行いました。

1: カラー設定のみをプリセットファイルに書き出す

2: テキストエディタで直接大元の設定ファイル(UserPreferences.xml)を書き換える

一応書き換える過程の動画も作ってみました。

左:事前に書き出したプリセットファイル
右:UserPreferences.xml

以下のXMLタグの内容を上書いています。

  • SurfaceSchemeColorSetPreferences9
  • TrackDefaultColorPreferences
  • FaderColorPreferences
  • RackColorPreferences
  • StripColorPreferences

反映された

Cubase6カラーのデフォルトカラーに慣れていたのでずっとこんな感じです。
ご参考になれば。


スポンサーリンク