礼儀2.0を読了しました

投稿者: | 2018年5月21日


スポンサーリンク


1ヶ月ほど左親指の靭帯損傷で生活に支障が出ていたあーる(@rz_devel)です。

親指一本の怪我でここまで生活、仕事に支障が出るのかと痛感。
先日ギブスが取れ、ほぼ通常の生活が出来るレベルに戻りました。

キーボード、マウス、スマホ操作にまで支障があったため、
遅ればせながら先日、BOOTHにて購入をしました。

礼儀2.0

考え方(志向?)が99%ぐらい同じだった。読んでいて楽しかった

筆者との差は

  • 自分は音声通話ありのSIMを挿したスマホ1台は常時持ち歩いている

この点だけだった。

  • 仕事上、「念のため」持っておく必要がある(Face to Face ならぬ Voice to Voice?)
  • 友人との連絡手段(ほぼLINE等のメッセージングアプリに移行したけど…)

ちなみに、着信音は「無音」、バイブレーション無し。
スマホを手にとって操作していない限り、気づかないので着信には応じない。

更に、音声着信以外にもSNSを始めとする全てのプッシュ通知は全て無音、バイブレーション無しにしている。

これに至った理由は

  • 夜中に不意に通知音が鳴ってビクッとなり、精神衛生上宜しくない(特にクライアントからのSlackやChatwork。不眠症の要因No.1)
    • もう、次の日でいいじゃん、と割り切るきっかけ
  • 徹夜明けの早朝にプロジェクト納品後、就寝。寝ている最中に電話が鳴り根掘り葉掘り質問に対応した

ことに起因する。

スリープ解除時に不在履歴が表示されていた場合に初めてこちらから折り返す。
気づかなければ翌日まで持ち越し。

おわりに

文章内容・構成を考えつつMarkdownで書いて50分強だった。
(「お世辞」に関する項を「礼儀2.0+0.0.1」と題して書いたけど、ググったら自分の考えと世の常識から乖離しすぎている可能性があり、整理が必要と判断し、今回は本文から除去)

界隈で流行りの「マッハ新書」は12時間で書き上げ、主にBOOTH上で出版され、活発になりつつあると言われている。

マッハ新書

ネタがないこともないので、1度チャレンジをしてみたい。
(本当は「〜〜してみたい」じゃ、いつになっても出来上がらずダメだと思っているが、現状の精神状態では書き上げられる自信がない…。)


スポンサーリンク